読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【シリコーン型取り】ねんどろいどヘッド複製【2日目】

ねんどろいどヘッド複製、2日目です。今回は裏側にシリコーンを充填します。

まず充填したシリコーンが硬化しているのを確認し、セッティングを丸ごと裏返します。そして、最下層に平らに敷いていたねんどを裏側からゆっくり剥がします。

f:id:nimomono:20150607224342j:plain

この時点で、複製元の原型が一緒に剥がれちゃうと失敗になっちゃうので、慎重にねんどだけ剥がします。

f:id:nimomono:20150607224343j:plain

よしよしいい感じ。

f:id:nimomono:20150607224345j:plain

ねんどをきれいに剥がして、キャスト注入用の溝の接続などを整えました。我ながらよい感じです。

f:id:nimomono:20150607224346j:plain

小型掃除機の遠心ファンの方も順調な仕上がりです。

f:id:nimomono:20150607235525j:plain

ここで、シリコーンの離形剤を使います。これがないとシリコーン同士がくっついて剥がれなくなってしまいます。これもまた模型屋さんに置いてあった、メジャーそうなものを買ってきました。

f:id:nimomono:20150607235526j:plain

シリコーン離形剤の見た目は、白濁した液体でした。分離気味のカルピスみたいです。

f:id:nimomono:20150607235527j:plain

離形剤をたっぷり筆で塗ります。ちなみにレジンキャストを注入する穴と空気の抜け穴をつくるために割り箸を瞬間接着剤で設置しています。

f:id:nimomono:20150607235534j:plain

これでようやく準備万端、表側と同様に、A液とB液を混ぜたシリコーンを充填します。

f:id:nimomono:20150607235538j:plain

うすくシリコーンを盛った状態です。目立った気泡が抜けていることを確認します。

f:id:nimomono:20150607235540j:plain

がっつり充填しました。今回、2型の表裏に充填し、合計シリコーン800g程度になりました。シリコーンの相場は1kg=3,000円なので、1,200円@1型になります。う~ん、消耗品としては厳しい値段だ。下手にケチると失敗しそうだし、難しいところです。

この後、再びシリコーンの硬化に8時間程度かかるので、原型の取り出しは次の日になります。