読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ミニ掃除機自作】遠心ファン複製【その3】

掃除機 造形

ミニ掃除機自作の3回目です。今回はシリコーン型で遠心ファンの複製をやります。

遠心ファンについては、イチからの自作はしないで、元にしているハンディクリーナのファンをそのままシリコーン型で複製することにしました。シリコーン型での複製の練習も兼ねてます(というかぶっちゃけこちらが本命だったりするのですがw)。

遠心ファンのシリコーン型取りは以前の記事で紹介しました。

初回のレジン注入の実験で、うまく気泡が抜けないという問題があったので、4つほど大きな穴を追加であけて、気泡が抜けやすくしました。

以下は注入の様子です。

f:id:nimomono:20150710013347p:plain

以下がシリコーン型から取り出した、レジンキャストによる複製品です。外観を似せようと思って、ホワイトのレジンキャストに黒色のトナーを混ぜています。

f:id:nimomono:20150710013413j:plain

右が元にしているハンディクリーナのファン。左が複製品です。自分でもこんなにそっくりになるとは思わなくて、ちょっとビビりました。

f:id:nimomono:20150705024307j:plain

ただ裏面は、空気抜け用の穴もそのまま複製されてしまっているので、4ヶ所に大きな凸ができています。

f:id:nimomono:20150705024313j:plain

この凸は、ニッパーとナイフとやすりで平らに加工しました。レジンキャストがもともとやわらかいので結構簡単に削れます。

f:id:nimomono:20150705024323j:plain

それから、モーターの軸を挿す穴も潰れてしまっているので、改めてドリルで穴をあけ直しました。

f:id:nimomono:20150705024329j:plain

前回作製したアクリル板と合わせてみました。これで遠心ファンは完成です。まあ悪くはないかな。本当はもっと、ファンと上下の板をぴったり合わせたいのですが、ファン自体がそれほどまっすぐとは言い難いし、とりあえずの動作を確認するには十分でしょう。

次回は、ポリ容器の加工をやります。