読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【プラズマ発生中】イグニッションコイルCDI駆動回路自作【その2】

前回の説明があんまりだったので、もう少しちゃんと解説しておこうと思います。

今回使ったのがこのバイク用のイグニッションコイル(点火用コイル)です。

f:id:nimomono:20141201011049j:plain

ネットの通販で1,000~2,000円くらいで手に入ります。本当はもっと強力な車用のものとかがよいのですが、そちらは手に入りにくいので、バイク用のものを使います。

以下がイグニッションコイルを駆動する回路です。

f:id:nimomono:20141118013058j:plain

f:id:nimomono:20141201004500j:plain

いわゆるCDI方式というやつで、こちらのサイトの回路図を参考にしました。

CDIの製作

ざっくり説明すると、AC100Vを整流し、フィルムコンデンサに溜めて、MOSFETで一気に短絡して、イグニッションコイルに大きな電流をぶち込んでいます。

ぶっちゃけいくつかの部品は定格を超えたパワーで駆動しているので、1分間くらい連続で駆動すると発熱して焦げ臭くなってきます(ということで、この回路は全くおすすめしません。むしろマネしないでください)。

動画も載せておきます。

我ながら、けっこう良い感じに放電させられていて、満足してます。放電のし方から、おそらく20kV~30kVくらい出ているんじゃないかと思っています。